精神障害者の地域生活を支援する

クリーンハウスくりくり

クリーンハウスくりくり

画像の説明

クリーンハウスくりくり」は、NPO法人ハートフルで3番目に開設した、出張清掃を行う作業所です。

  • 現在おこなっている清掃作業は、
    • マンションの共用部分の掃除、
    • 一般家庭にお伺いしてのフローリングのワックスがけ・窓ガラスの掃除・お風呂の掃除・お庭の草抜き等です。
  • このような仕事の特徴は、
    • 私達が作業所から飛び出し、
    • 地域社会の中で働くことによって、
    • より一層地域の人々に理解して頂くことが出来る
    • 大変意義のある事だと思っています。

ハートフルクラブや手作り工房ふるふるの雰囲気を受け継いで『自立』『就労』に向けて努力していきたいと考えています。

 みなさまのご協力よろしくお願いします。

フリースペース

仲間と語り、支えあい、ともに歩んで行くための「居場所(憩いの場)」も用意しております。

〒662-0856
西宮市城ヶ堀町4番7号
Tel/Fax 0798-22-0830

「クリーンハウス くりくり」はこちらです。

  • 「クリーンハウス くりくり」 -  西宮市城ヶ堀町4番7号

その後の「クリーンハウスくりくり

就労準備プログラム開始!!

ちょっと見て No45 (2013.10.6)  より

 くりくりは平成22年にB型に移行して今年(2013年)で4年目を迎えます。
 今年度はこれまでの活動に加えて、さらに新しいプログラムを開始しました。

 毎月1回、固定の利用者3名スタッフ2名で実施。まずは就職に対する自分の思いや希望を語るところから始まり、障害者雇用とは何か、どのような支援が受けられるのか具体的な情報もお伝えしています。今後は他機関の見学も予定しています。
 今回はこのプログラムに参加しているメンバーの感想を聞いてみました。
画像の説明

クリーンハウスくりくり」の<ペアシフト>

ちょっと見て No32 (2010.6.28)  より

 くりくりも5年目を迎え、この4月から就労継続支援(B型)事業所に移行しました。
 以前は少しでも作業所の外で活動する機会をもち、地域の方々とふれあう機会を増やすことを目的にしていましたが、今年度からはくりくりでの作業を、就労に向けての訓練ととらえ、働くことを体験しながら、「今後、自分がどのように生活していくのか」ということを考えるというふうに、目的が変化してきました。
 その変化の具体的なかたちとして、<ペアシフト>を導入しました。

 スタッフと一緒に作業先へ行き、スタッフの指示・指導の下で行っていた作業とは違い、現地集合・現地解散、メンバー同志でミーティングを実施、手順にそって作業を進め、作業終了後はお互いに仕上がりの確認をします。
 工賃アップの目的もありますが、自分たちだけで作業を行うことで責任感が芽生え、コミュニケーション、危険配慮、臨機応変な対応、スタッフへのホウレンソウ(報告・連絡・相談)等が求められ、より就労に近い形での作業になります。

 参加希望のメンバーは、スタッフ同行の体験から始め、スタッフの同行がなくても1人で作業ができることが確認できれば<シフト入り>になります。現在は商業ビルの共有部分の掃除と神社のトイレ掃除の2ヶ所で、4名のメンバーが参加しています。

 今後もペアシフトの機会を増やして、新たなステップアップの場になればと思っています。

職業指導員 清水 由美

開所1周年

ちょっと見て No20 (2006.6.26)  より

 昨年4月、3番目の作業所として開所した「クリーンハウスくりくり」も、無事1周年を迎えました。当初、登録者13名でスタートし、現在は26名になりました。

 くりくりでは、個人宅やマンションの共有部分などの清掃を行う出張清掃作業と、いつでも利用できる自由な空間としてのフリースペース、という2本立ての活動を続けています。

 開所当時。1ヶ月に24件だった出張清掃作業も、公園の除草作業、廣田神社のトイレ清掃などが加わり、今では29件にまで増えました。作業に加わるメンバーも増えて、お互いに「いっしょに作業に行きませんか」と誘い合う姿も見られるようになっています。

 私たちが活発に活動を続けられるのも、日頃から、出張清掃作業を受けてくださる方々、地域のみなさまのご理解・ご協力があってこそだと深く感謝しております。今後とも何卒ご協力よろしくお願いいたします。

『くりくりに移籍して』

ちょっと見て No22(2007.12.18)  より

 最初はハートフルにいたのですが、人数が増えてきてフリースペースが手狭になり、くりくりのスタッフに相談してくりくりの方に入らせてもらう事になりました。
 移ってからすぐは前の作業所へのホームシックに軽くかかったりしましたが慣れてくるとフリースペースもすごく広く落ち着いて過ごせるし、作業所をかわってよかったなと思います。
 ボクがくりくりに入った後ぐらいからメンバーが急に増えてきた気がするのですが、皆をドンドン受け入れて宮津さんや清水さんやそしてくりくりという場所は懐が広いなと感じます。

 作業の方は少し他の作業所の仕事に比べるとハードに感じますが、メンバーをみてると真面目に取り組んで、自分もがんばらなきゃいけないと強く思います。
 よそのお宅にお邪魔して掃除をさせてもらうので慣れないうちは、かなり緊張しましたが一人でやるのではなく、スタッフメンバー皆で助け合って作業をするので無理をしなくていい(作業自体はしっかりやりますが)事がわかって安心できるようになりました。

 フリースペースの方は広いし余裕があるので暇な時は皆でお菓子作りなどをして楽しんでいます。くりくりがこれからも発展し「くりくりが一番楽しい作業所だ」と思ってもらえるようになればと願っています。

(プーアール茶)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional